Agriculture

雑草取りのコツ

夏場の草むしりは注意が必要です。

agriculture tractor

自宅の庭に生えている草を処理することで庭の美観を保つことができます。草むしりをする上での注意点は、伸びてからでは大変ですので早めにまだ弱く草も柔らかいうちにしてしまうのがベストです。草が強く生い茂ってからでは草むしりで手を切る危険性もあるので必ず軍手をしてやりましょう。 またもしいたしかたく夏場に草むしりをする際は脱水症状や熱射病、熱中症に十分気をつけて行いましょう。夏場でも暑くなく、日差しも弱い早朝や夕方にやることをおすすめします。

冬場にシートを貼って草が芽吹くの防止しましょう。

雑草は抜いても抜いても生えてきて、草むしりをするのはなかなか大変な時もあると思いますがちょっとした一工夫で草を生えなようにすることができるのでご紹介します。 それは夏場に草が生える前に、冬の草がほとんど枯れてない状態のときに、シートで地面を覆ってしまうことです。日光が届かなくなることで、草が成長できませんでの大変有効です。このシートは園芸店や日曜大工を扱うホームセンターなので販売しています。またそれほど広い場所でなければ黒色のゴミ袋で覆ってしまうのも有効です。 また草むしりをするときは軍手は必需品ですが、ゴム手袋をしてみてください。ゴム手袋であればしっかりと草をつかむことができまうし、手が草の汁で濡れることもなく清潔です。